〜スッピンノココロ〜
 
<< インド旅行 5日目 ヴァラナシ(バラナシ) | main | インド旅行 7日目 デリー  >>
インド旅行 6日目 ヴァラナシ(バラナシ)
え〜5:30です。 眠い… んが! そんなこと言ってらんねぇщ(゚Д゚щ)

ガンガークルーズじゃぁ〜!!!


ツアーは申し込んであったんで、車でピューとね。


ガートの船着場に到着。 


ガイドがボートの漕ぎ手と交渉中…交渉中…交渉中 

(確かネット情報だとクルーズ代は一人150ルピー程度だったはずだな。)

「一人800ルピーね」 

ハァ??(゚Д゚;)


いやいやいや…何をどうしたら800になるの! 高いじゃん!

「ほら今増水してて漕ぎ手が3人必要だからさ」
むぅ…
 
ガイドいいヤツだからなぁ…
ここで値切ってもなぁ…

どうする? 高いけど、ここで乗らないって選択肢はないよなぁ…

協議の末 

「OK」

いよいよクルーズスタート!


漕ぎ手2人に舵取り1人体制で出発〜♪
流れが速いから大変だコリャ。 


おおお〜浴びてる浴びてる!! 沐浴する人の中には、旅行者と見られる外国人や、
若い日本人女性の姿も。

え?? 俺らはやりませんよ〜ハッハッハ


反対側からは美しい日の出が。 
ボートのシルエットと相成ってあら素敵…



朝日に照らされるガート。
川の水位に関わらず、沐浴ができます。いい色合いだねぇ〜



ほんと建物がギッシリ。 対岸は不浄の地だとかで建物はありません。 


このガンガークルーズ。800ルピーは予想外だったけど、絶対やったほうがいい。
沐浴の様子を間近で見られるし、いろんな説明も聞ける。

中には大型のモーターボートで移動している人もいたけど… 
ゆっくりと手漕ぎで見るほうがいいと思いました。
オススメ。


宿に戻り朝食。
…なんだコレ。 カレーが挟まったチャパティとヨーグルトでした。




朝食後、ヴァラナシシルクの工房へ。
靴を脱いで店の中へ。 「まず座れ」と。 

そして商品を広げてくる。 

「どれがいい?」と。 
数あるシルク製品。そりゃ気に入るのも中にはあるけど。
買っちゃったけど…やっぱり800とか1000ルピーは安くないよなぁ。


ま、コレは最初からきっぱり断ったほうがいいかも。

「シルク工房へは行かない!」て。
「見るだけだでいいから」って言ってくるだろうけど、
「興味ない」って断っちゃいましょう。




窓際に立つヤギ
高いところ好きだもんね。

お次 サールナート 仏教四大聖地のうちの1つらしい。
なんでも ブッダが悟りを開いて初めて説法をした土地だとか。

それが…

コレだ!



どーん

うん。 へぇ〜とは思ったけどあんまり感動もなくね。
あ、そういえば…オレ熱心な仏教徒でもなんでもなかったわ(笑)

ま、 興味あれば行ってみるといいよ。 そんな場所でした。

一端宿に戻り休憩♪。

遅めの昼食を取って、

ダラダラして1945発の飛行機でデリーへ戻りましたとさ。

ヴァラナシはずっとガイドが付きっ切りだったから自由にフラフラできなかったねぇ。
できればもう1日いて自由に回ってみたかった。 



【2012.10.28 Sunday 18:56】 author : ずーしげ
| アソビ | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zzz.pya.jp/trackback/955702
トラックバック