〜スッピンノココロ〜
 
<< 青森旅行 その3 旅路のうに丼 | main | 青森旅行 その5 黒石温泉 飯塚旅館 >>
青森旅行 その4 竜飛岬〜斜陽館
お腹も満たされたし、
竜飛岬へ海岸沿いの道をひた走ります。




海と…空と新緑と…素晴らしいです。


竜飛岬到着〜



津軽海峡冬景色の碑

中央の赤いボタンを押すと、大音量で津軽海峡冬景色の2番が流れます。

♪♯やってきました竜飛岬〜♪(≧▽≦)/てね。


そこは展望台になっていて、函館が見える…。

はぁぁぁぁるばるキタゼはっこだってぇぇぇ〜♪♪
(≧▽≦)/




うん。 ね。。_| ̄|○

何も見えず。
ほんとなら北海道が見えたはずなんだけどな。





しかし…気持ちいい道が続きますね。
車も少ないもんだから尚よろしって感じです。


十三湖のほとりの「道の駅十三湖高原」でしじみラーメンを頂きました。

汽水湖の十三湖の名物はしじみです。
何故ラーメンに…とも思いましたが、
まぁ食べてからいろいろ言おうと思い注文。




でーん!

おっ!スープが澄んでいる。 そしてシジミがいる。
でも…なんだろう…この違和感。( ゚Д゚)
シジミ+麺なんて絵なかなか無いですからね。

スープはシジミの出汁が効いています。
塩ラーメンシジミ味って感じでしょうか。
シジミの量は思ったよりも多いです。

まぁ オススメかどうかって聞かれると…
「せっかく行ったんだからまぁ食べてみるといいよ」
てなレベルかと思います。

シジミの出汁+塩+麺で完成しそうです。


さぁ 次は太宰治の生家、斜陽館を目指します。

太宰の本をちらほら読むようになって、
いつか行ってみたいなと思っておりました。
この機を逃す手はナシщ(゚Д゚щ)!!

青森県4位の資産家であり…
最盛期では小作人を300人囲い、使用人含め30人が住んでいた家。
資産家に生まれたからこその悩みや葛藤が、
太宰の人間性を作ったとも言われております。



斜陽館 

でかいщ(゚Д゚щ)  




広いщ(゚Д゚щ) 

どんだけ金持ちだよ!


中には太宰の小説にちらほら出てくる越野タケという人の
写真があったり、
人間失格で出てきた3枚の写真のうちの1枚があったり…。

直筆の原稿があったり…
(え! あったの(゚Д゚ )??実は見忘れたかも…)

よく、有名人の碑とかゆかりの地とかが観光名所になっていて、
誰が行くんだよ!こんなのっ。щ(゚Д゚щ)
なんて毒づいていたんですが…。

行く人は行くんですねぇ。 

いやぁ 斜陽館はよかった( ・艸・)ウフフ

***

青森旅行 その1 おさない食堂
青森旅行 その2 マルシェ蓬田のホタテ
青森旅行 その3 旅路のうに丼
青森旅行 その5 黒石温泉 飯塚旅館
青森旅行 その6 酸ヶ湯温泉
【2010.06.14 Monday 20:47】 author : ずーしげ
| アソビ | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zzz.pya.jp/trackback/940263
トラックバック