新領域

2010.04.23 Friday

0
    本って本屋での陳列位置で売上が変わってきます。

    平積みだと目立つし
    それが通路に面した角だったりすると尚更のこと。

    通常そういう一等地には新刊だったり、
    ランキング上位が並んでいるんですが…

    あるとき大沢佑香がズラッと並んでいたんですよ。
    えーーなぜここに??
    てなもんで。
    まぁ当然手に取りまして…

    この位置にあるには何か理由が有るはずだ!
    それを確かめなくていいのか?ずーしげ!
    などと買う理由を正当化させまして・・


    ↓めでたく購入とあいなった訳ですが

    私の奴隷になりなさい (角川文庫)
    私の奴隷になりなさい (角川文庫)
    サタミ シュウ

    これが・・・もう(≧▽≦)/


    一気読みでした。

    安藤仁の「花びら」シリーズ(・・・と言っても一冊しか読んでませんが)
    は、ザ・官能小説とでも言いましょうか。

    エロス! エロス! またエロス!

    でして、まぁ ストーリーなんて無いみたいなモンだったんですが、



    これは・・・ミステリーのような要素もあると言うか・・・
    精神的な繋がりでSMを表現し、その繋がりで小説を進めているような・・・
    なんとも読み応えのある内容でした。

    伊達に30万部も売れてませんねぇ〜♪

    ただ・・やはり普通の人から見るとただのエロ小説なんでしょうね。
    違うのに!違うのに!

    エロ小説でなくて、SM青春小説なのにっщ(゚Д゚щ)

    ***

    サタミシュウは覆面作家で、
    直木賞作家らしいです。 
    ネットの噂では重松清ではないのか・・とか・・・

    んーこっちもミステリー。

    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL