発表会♪

2011.02.11 Friday

0
    いやぁ やってきましたよ 本番が。

    sax@maniaのねっ!


    島村楽器でのアンサンブルコンサート。

    6人でやる「テキーラ」と
    4人でやるモンパチの「小さな恋の歌」

    特にモンパチはAs.As.Ts.Bsの純粋な4管。
    やたらカッコとかダルセーニョなんてでてきちゃってて、

    もう…何度吹いてて迷子になったか。


    ま、本番は…ちょっと迷子になったけど、まぁサビの部分で
    もどってこれたらOKかな。
    アドレナリン出まくりで、終了後打ち上げ、カラオケと

    最高に楽しい一日でした!



    しかし…もう3年超か この仲間との付き合いも。

    あ、合コンのお誘いが来てたっけな。
    メモメモ


    年賀状

    2009.01.08 Thursday

    0
      今年もたくさんの年賀状もらいました。
      有難うございました。

      いやね。もうほとんどが印刷ですね。
      それも写真が増えてきたと思うんですよ。

      そうですね。楽ですからねー。全面印刷で。
      コメントを書いて。

      結婚した人は写真付で
      「次はずーしげの番だね」と。

      書いてある度に「ほっとけ!(笑)」と思っていました。

      自分が結婚したからっていい気になってんじゃねーぞと。
      独身なめんなよと。
      人にはそれぞれ事情ってもんがあるんだぞと。

      ・・・完全にひねくれてますね。

      そんなにいいたけりゃ
      「子供ができました。 次は○○の番だね」くらい言ってみろと。
      ほら、そこまでデリケートな部分には触れられないだろと。

      ・・・終わってますね(笑)


      でも、新年早々の幸せそうな写真は・・・。

      結婚したくでもできない人には辛く。
      子供が欲しくてもできない人にはやはり辛いものだと思うのです。

      ですからずーしげは幸せそうな年賀状は出したくないのです。

      そこは30を超えた大人ですから。
      もらう人の気持ちも考えつつ。。

      ですよ。


      そんな今年の年賀状



      幸せそうやないかーーい!щ(゚Д゚щ)

      結婚式写真

      2008.02.17 Sunday

      0
        なんどとなく結婚式に出席して、撮った写真を家で見てフト思う。

        変わった写真が多いなと。

        例えば・・・そうね。 

        こんな感じ。

        「アップ」







        新郎新婦の全体像は一応撮るけど、構図的にありきたりでつまらん。
        組んだ腕だったり、床をすべるドレスのアップだったり・・・
        皆目にはするけど写真には撮らないような・・・
        そんなところにすごく萌える。

        「ぼかし」
        手前の花にピントを合わせ、新郎新婦をぼかす。
        主役にズーム気味にピントを合わせ、背景をぼかす。
        ピントの合う部分は輪郭がクッキリスッキリ。

        「アングル」


        高い位置から撮るとシュッとした感じに撮れる。
        ローアングルから煽ると全体の空間が広く見える、
        人を映すと存在感が増す。

        ちなみに・・・アングルを変えていて、
        「盗撮〜」と、笑われてるうちはいいけど、
        万一パンチラやブラチラが撮れちゃった場合は・・・
        撮れちゃった場合は・・・

        バンザー(≧▽≦)/・・・って!バカーッ。 

        ・・・そっと削除が鉄則です。


        「気になるもの」


        それは着物の後姿だったり・・・
        結った頭からうなじを通して、襟元、着物、そして帯・・・
        隙の無い美が集約されている感じがスゴく気になったり。


        「構図」





        主役を写している誰かのデジカメのモニターを間接的に撮ったり。

        鏡越しに撮ったり。

        ケーキカットで一斉にフラッシュを浴びる主役を
        主役から見た目線も加えて撮ったり。

        いーんだよ。
        「主役の正面写真はみんな撮ってるんだから」的な考えで。


        「こだわり」










        テーブルの花だったり、ウェルカムボードだったり、
        料理だったり、テーブルクロスだったり・・・
        新郎新婦のこだわりが見て取れるモノたち。

        この小物達も結婚式を構成している超重要なパーツ。
        撮らずにはいられない。


        ***
        「変わった写真」
        意外に考えている?のか・・・最近思う。 

        たぶん、
        「集合写真とかは誰でも撮るでしょ?だから俺はいいや」的な。

        「カメラ目線の写真なんて何にも動きが無いじゃん 自然じゃないね」的な。

        そんな気持ちもあるし、それでむしろいいと思ってる。


        結婚式って・・・「箱」みたいなもんだと。 
        箱の中に主役がいて、そしてその箱の隙間を埋めるように
        衣装や料理や列席者や余興や音楽や小物達がいて、
        そのどれが欠けても
        箱はピッタリ収まらないような気がするの。

        もちろん主役は新郎新婦なんだけど、
        実はその空間にあるもの全部が主役なんじゃ無いか・・・

        放っておいても、たくさんの人に写真を撮られる新郎新婦も当然大事!
        でも、小物達も含めた、トータルで「結婚式」を撮る

        そういう考えで撮った写真って好きだなぁって・・

        ふと思ったり思わなかったり。


        ・・・あ 
        でも結局新郎新婦の写真が一番多いや。

        主役の中の主役って事か( ´Д`)

        神聖な日2

        2008.01.11 Friday

        0
          昨日の日々想々 の続き。
          期待と不安を胸に今日一日を過ごしました。

          その結果…




          会社で「おめでとう」いただきました
          会社で「おめでとう」いただきました(≧▽≦)/
          会社で「おめでとう」いただきました(≧▽≦)/(≧▽≦)/
          会社で「おめでとう」いただきました(≧▽≦)/(≧▽≦)/(≧▽≦)/



          計4回。


          朝 会社に行くと、いきなりナイスプレゼントをもらったり…
          食堂でおめでとう とか メールでおめでとう とか。

          なんともじんわりハートフルな誕生日。
          よくぞ覚えていてくれた〜♪ほんと ありがとう(≧▽≦)/  



          本日は、仕事終わりに飲み会…で腹一杯、
          そして二次会で米食って腹はち切れる



          しかし…待ち受ける 公約のMYパーティ♪





          「おめでとう」4つ分のケーキ。 
          スプーンが4つ入ってました。使うのは1つですが?



          ろうそくに火を灯し、 Happy Birthday to me を熱唱。
          マリリンモンロー風に熱唱〜♪

          ろうそくの火を消し、自分に拍手(パチパチパチパチ)。 


          「おめでとう」の言葉を思い出しつつ食べるケーキ。
          腹一杯で味がわからんけど噛み締めるケーキ。
          3個半で限界でした。 

          まぁ、人に祝われる。
          こんな誕生日もいいんじゃないかしらん( *´艸`)


          ***

          鉄板だった「おめでとう」をゲットできなかった事についてー
          世界が若干灰色に見えてますがナニカ?


          神聖な日

          2008.01.10 Thursday

          0
            ふと考える。

            コレまで生きてきた30年間を。

            人に支え支えられ生きてきた。
            その事自体は形のないもの。

            そして それが今日 形となって表に出てくる。

            そう…

            「誕生日おめでとう」 という言葉になって。


            ずーしげさんは
            この喜ばしい1月10日 とある企画を考えました。

            題して…

            「おめでとう」のと言われた数だけケーキを買って
            「Happy Birthday to me」を声高らかに歌っちゃおう(≧▽≦)/



            ルールは簡単。
            1月10日に何人に「おめでとう」と声をかけられるか。
            その数だけカットケーキを買ってろうそくに火をともして
            バースデイソングを歌う! 

            ケーキを眺め…多くの人に改めて感謝する。
            そんな神聖な企画。



            ただし、グループで話していて 一人の「おめでとう」に便乗して回りも「おめでとう!」「おめでとう!」と…

            この場合は1人とカウントします。



            自分で首を絞めるようなこの企画。
            さぁ みんなでずーしげの30年間を信じればいいじゃない! 


            と言うわけで 仕事に行ってきます。




            おくゆかしい感じ

            2007.11.13 Tuesday

            0
              「お昼。よかったら一緒に行きません?」

              こんな言葉をかけられました。


              初めて隣に座ったときから 
              「良くしゃべる人だなぁ・・・」 
              て思ってたんですがね。


              うどんを食べたんですが、 まぁぁぁぁ良くしゃべる!

              自分のことばかり良くしゃべる!


              「いろんな人に 一緒に仕事やらないか て言われちゃうんですよ」
               
              器用だからなんでも出来ちゃうんですよねー・・・
              (遠くを見つめるような目)」

              「へぇー。 すごいですねぇ〜。」(聞いてネェ〜)


              「コンサルみたいなこともやってて。発表とかもすごい得意で・・・」
              「へぇー。 すごいですねぇ〜。」(自慢かよ・・・)


              基本的に会話に興味が無く・・

              え?・・・なんの我慢大会ですか?と。(;゚;ж;゚; )
              早くこの場を抜け出してぇ!!!!

              ありがちな 「良くしゃべるけど会話が下手」そんな人。



              土曜の昼の出来事でした。

              ***

              そもそもさぁ

              初対面なんだからさぁ〜
              最初はさぁ 軽く質問しあう程度にしておいてさぁ。

              次にさぁ 「あーこんにちはー  雨いやですねぇー」
              みたいなジャブを打ってさあ・・・。

              次にさぁ 「お! 今日は決まってますね。 PKですね!」
              とかさぁ・・・。 ブツブツブツ・・・。


              何かしら段階を踏んでいくものだと思うんですよ。初対面って。

              ジワジワとね。ジワジワと。


              がっついちゃ ダメダ〜メ♪


              冥利

              2006.11.18 Saturday

              0
                「○○冥利に尽きる」という言葉を使って文を作りなさい。

                こんな国語の問題があったとします。

                そこで模範解答を一つ。


                出張へ向かう途中の駅のホーム。
                乗降口で電車の到着を待っている。

                と、

                前を見るとOL風の女性の膝から血が。
                どうやら転んで擦りむいたらしい。

                彼女はティッシュを持っていないようだ。

                しょうがないな…と思いつつ 私は鞄の中を探す。
                ティッシュティッシュ… あ、無いや。
                諦めよう。

                それにしても…

                ここでティッシュを「どうぞ」ってそっと渡せたら
                どれだけカッコよかったのだろう。
                「そっと渡す」この行為がカッコよかったのに。
                とても残念だった。


                夜な夜な散っていくティッシュがほとんどの中、
                こんな風に善意の象徴として使われていたら…

                ティッシュはこう思うに違いない。


                なんてティッシュ冥利に尽きるんだろう


                長いので×!

                心が生きると書いて性

                2006.11.07 Tuesday

                0
                  電車でセックスとマスターベーションについて考えていたずーしげです。

                  あぁっ!! 
                  イヤイヤイヤ 変な目で見ないでくださいな。

                  1行目が「電車でHとオナニーについて…」だったら
                  変な目も望むところだけどっщ(゚Д゚щ)

                  (以下は長めの文章。オチを付けたかったけどやめました。
                  得意分野(?)なんでいくらでもそっち方面で話を広げられるんだけど…
                  ちょっとまじめにね。)


                  ***

                  意外にスケベなずーしげさん。
                  何気なく本屋こんな本を手に取りました。
                  (まぁそもそも手に取るか?っつー話ですが)
                  セックスボランティア
                  セックスボランティア
                  河合 香織

                  障害者の排泄や食事、移動なんかの介護の他に意外と知られていない、
                  性的介護もあるって事実を書いた本。

                  脳性マヒの患者を風俗へ連れて行ったり、
                  マスターベーションの介助をしたり…。
                  障害者(女性)が出張ホストを頼んだり…。
                  障害者(男性)とボランティアの健常者(女性)がセックスしたり…

                  障害者でも性欲を満たす権利はあるはずだ。 
                  っつー理念の元に行っている活動を書いた本。


                  いやね、正直考えた事もなかったんですよ。
                  重度脳性マヒや知的障害者+性欲って…
                  そしてその介助が家族やボランティアによって成されていたなんて…。

                  そしてフト思う…なんで考えたこと無かったんだろ。

                  健常者には普通に性欲がある。それは当たり前なんだろうよ。
                  どーんな綺麗子ぶったって!清楚ぶったって!
                  私はエロくありませんから!みたいな顔したって!!
                  シモネタ嫌いですから!とか言ったって!!

                  多かれ少なかれ性欲はあるでしょ? 
                  カウパーやバルトリン腺液は出るでしょ?

                  思うに、性欲って…
                  普通に生活できる上に成り立つものだと思い込んでいた節があるのよね。
                  普通に生活できてさ、体も動いてさ…
                  好きな時にさ、好きな人(ネタ)でさ、処理ができる。
                  そしてそれはキモチイイし、すごく自由な感じ。

                  そう思ってたのよね。

                  だから、自由が利かない障害者と性欲は結びつかなかった。

                  だけどね、障害者はただ体が動かないだけであって、
                  それ以外は普通の人となんら変わらないんだと。
                  食欲や睡眠欲と同じように性欲だってあるんだと。
                  そう知ったんですよ。そしてそれが当たり前なんですよ。
                  ちょっと考えが変わったね。

                  ただ、これまで食事や排泄の介助はおおっぴらに話されてきたけど、
                  性的介助はうやむやにされてきたらしい。
                  確かに…生まれて29年、そんな話は聞いた事がない。

                  障害者なのに贅沢だとか、恋愛関係に発展したらどうすんだとか、
                  子供ができちゃったらどうすんだとか…
                  いろんな問題があるらしくってね。

                  だけどね、性を知ることで障害者が生き生きとするんなら、
                  腫れ物に触れないようにするんじゃなくって、
                  ここら辺でどんどん触れてったっていいじゃない!
                  触れまくって、もっと腫れさせてもいいじゃないっ!て思うけどね。
                  食事、排泄、移動に続いて「性欲」って介助がもっともっと一般に認知されるといいんだけどね。
                  いや、ホントに。

                  昔に比べて障害者の社会的立場は大分良くなってきたらしい。
                  (それでもまだ弱者だけれど)
                  さらなる立場改善へのステップアップのキーワードは…

                  「性欲」か??




                  いやぁ 久々に長い事書いた気がするね。 
                  最後にオランダのボランティア団体「SAR」の理念。
                  これ読んであなた…どう思います?


                  「私達は石ではない。どんな障害者でも性欲はある」

                  プライバシー

                  2006.11.06 Monday

                  0
                    「ブログってさ、プライベートが分かっちゃわない?」

                    そういう話になりました。

                    そりゃーそうとも プライベートをさらけ出してますさ!
                    他人の生活がのぞけるからね。 嬉しかったり、凹んだりして
                    そういう人の生活が知れるのってなかなかないしねっ!

                    そうね 例えばこんな事を書いたかななぁ…

                    行った場所から〜



                    食べたものから〜



                    読んだ本から〜



                    その日の気分から〜



                    見たDV…ゴホゴホッ


                    好きなAV女…ゴッホゴッホゴッホッ!!


                    好きな体…ゴッホッホヴァッホッホッホ!!!



                    …え〜 オホン(姿勢を正しつつ)

                    こんな僕をこれからもよろしくお願いします。

                    そばに。

                    2006.10.31 Tuesday

                    0

                      「買った庖丁でアジがめっさ綺麗に捌けた!」とか…

                      「シジミ汁が超うまくできた!!!」とか…

                      「スイートポテトを冷やしたら硬くなった!!!」とか…

                      「パンチラ写真が撮れてしまってた!!!」とか…

                      「全面高の日に限ってミクロン精密が下げた!!!」とか…


                      なにげない事を話す相手が傍にいないこの寂しさったら… 

                      もうっ!!!


                      あぁ 秋の夜長…コリャコリャ。